FC2ブログ

引越し

いよいよ、慣れ親しんだジェノバから引っ越しすることになりました。
引っ越しと言うよりは、自宅に戻るだけなんですが。
今日から数日間はバタバタとしており、ブログの更新も難しい上、皆様の所へのお邪魔もできない状態となっております。


週明けには、通常通りとなると思います。


寒い上に、コロナもありますので、気をつけてお過ごしくださいね。



ライティングは昨日





昨日、「ピアッツァ デ フェラーリ」のイルミネーションが全くなかったことを書いた後、晩ご飯のテイクアウトで出かけ、順番待ちをしているときに、ふと目線をそらせたら、路地の向こうにクリスマスツリーのイルミネーションが見えて、その先にビルのライティングも見えたのでした。






昨日はクリスチャンにとって大事な祝日だったため、昨日からスタートしたようです。寒いのにもかかわらず、結構な人たちは写真を撮っていました。






クリスマスツリーもゴールドに輝いていました。





噴水からのスポットライトの先には、劇場の上にある彫像が。こういう演出は、本当に上手!


ということで、無事にジェノバのイルミネーションを見ることができましたv(o゚∀゚o)v



ライティングはいつ?



昨日は晩ご飯を食べてから、「クリスマスのライティングを見に行こう!」と寒い中、歩いてきたのですが、全くライティングらしきものが見えない。えぇ~なんてこと(T_T) ビルのあちらこちらに、メッシュ状の電球がついたものを、大きなはしご車のようなものを導入してまで飾っていたのに。そしてその光景を見たのは11月下旬だったので、その時には「おそらく、12月には点灯しているのだろう」という予想したのですが、見事に何もなしでした。

先日アメリカにいる義母と電話で話していた時に、ワクチンの話になり、彼女の想像では、まず医療従事者、消防署や警察関係者、デイケアなどに従事している方々から優先的にはじまるのではないかと言っていて、おそらく一般の人々は春ごろになるのではと言っていました。ワクチン接種がはじまれば、少しはこのコロナ騒動も落ち着くのでしょうか。


今日はイタリアではとても大事な祝日「Feast of the Immaculate Conception」です。と言っても、レストランやバールやスーパーなども普通に開いていたのですが、あまりの寒さ(雨と風)で途中まで行って引き返してきました。

イタリアのサラリーは一説によると祝日手当は、通常の給料の倍になるそうです。今年はコロナで経済も大変でしょうから、一部の人を除いてみなさん働いているのかもしれません。

もしかして、ライティングも電気代のことが関係しているのかなぁ~



2021年 手帳かスマホのカレンダーか


「画像はお借りしました」

1か月くらい前から、大家さんの奥さんからほぼ毎日「ボンジョルノ」と時々「ボナノッテ」の画像のテキストが送られてきています。最初は、メッセージ付きのものが送られてきたので、私も同じようにメッセージ付きのものを検索して送っていました。

もしかしたら、私のイタリア語レッスンのために送ってきてくれたのかもしれませんが、何と言っても、こちらの実力が伴わず。最近は簡単な挨拶だけのものになって、ホッとしています。

私も送る前に、翻訳アプリなどで訳してから送っていましたが、いろいろな文面があって、例えば「難民」の方用とか、あとは訳しても意味が全くわからずというものもあり、それを探すだけでも一苦労でした💦



今日は通りを歩いていたら、男性が2人大声で何か言っているなと思っていたら、どうやら久しぶりにそれも偶然会ったお二人だったようで、お互いにハグしようとして、「おぉ、今はダメだダメだ~」と言い合って、2人で同時にはじかれたように距離をとったと思ったら、今度は肘と肘を突き合わせての挨拶。その後、近況を大声で話していました。よっぽど嬉しかったようで、なんとも微笑ましい風景でした^^


もうすぐ2021年ですが、来年用に久しぶりに手帳を買おうかな?と思っています。ここ2年くらいは手帳なしで、スマホのカレンダーのみで過ごしていたのですが、来年は紙ベースに戻そうかなとも。ただ、あまり予定があるわけではないし、スマホと両方持ち歩くのも面倒なので、まだ思案中ですが。












寒さが身にしみる季節


「レストランに飾ってあった大輪のユリの花」

ここのところ毎日毎日、寒い日が続いています。そして、時々みぞれや冷たい雨が降ったり。ということで、本当に用事のある時にしか出かけなくなってしまいまいた。

どのくらい寒いかというと、大体日々10度以下です。12月になると本当に寒い上に、日も短くなりますよね~

今日は、久しぶりにランチを食べに行ってきました。解除後、ランチタイムだけは開いているお店が多いのです。

そこで、テーブルを担当してくれたウエイトレスさん、多分20代半ばくらいだと思うのですが、イタリア語も英語もペラペラでした。彼女はウクライナから来ているそうなので、全部で3か国語スピーカー。現在は「ミュージックセラピー」の勉強をしているそうで、ゆくゆくは、そちらの仕事をしたいとのこと。

働き方もイタリア人よりもテキパキしていて、気持ち良いです。お顔もとってもキュートで、完全なブロンドヘアでしたし、こういう若い女の子を見ていると、祖国を離れ立派に仕事をしてえらいなぁと思います。

そうは思いながらも、寒くて丸まっていた1日でした。