fc2ブログ

一時帰国の旅、終了~


乗換地のフランクフルト空港

日本への一時帰国、日本で美味しいものをたくさん食べて、イタリアへ戻ってきました。

行く前には様々な試練がありましたが、日本へ入国した後はいろいろなことがとてもスムーズで、気持ちよく過ごせました。お天気も比較的良かったということもあり、移動も楽でした。

行く前には、「日本はどうなっているのだろう」「もしかして、3.11後のような暗い感じになっているのでは?」と少し心配していましたが。到着したのがGW真っ最中ということもあり、大勢の人々が楽しそうに外出しているのを見て、心配することは何もなかったんだと。

ただ、話を聞いてみると私達の滞在先の横浜近郊や東京など大都市は、人も多く経済的にも安定しているようですが、地方などは少し大変なところもあるようです。

滞在中に見たニュースで岸田さんは「来月には、G7の他の国並みに国を開けていきたい」と発言していましたが、軌道修正したようで「1日当たりの入国者数を1万人から2万人にしたい」と。なので、まだまだ観光客を呼び込みたいという思いは無いようで。

ある日、知り合いに「日本は、そんなに外国人観光客を受け入れたくないのかな?」と聞いたら、「もちろん、来てほしいと思っている。特に観光地などは。ただ、来た時にはマスクをしてほしい」と言っていたので、ちょっと驚きました。

そう、私が一番驚いたのが、本当にみなさん全員が屋外屋内にも関わらずマスクをしていること。私などは、道を歩いていて暑いなと思ったら、マスクを外したりしていたのですが、それはきっと私だけ。また、これが罰則ものではなく「政府からのお願い」でということ。イタリアなどは、罰則があるからマスクをしているというのとは大違い!ただ、そうなるとどのタイミングでマスクを外すのか?

実は、昔からの友人と食事をしたりした時にも、食事が終わって談笑していると、いつの間にかみんなマスクをしていたのでした!

ある日レストランで食事を終えた主人と私がマスクなしで話をしていたら、お店の人がきて「すみませんが、マスクをお願いします」と。家族なのになぁ~と思いながら、渋々マスクをしたのでした。因みにお店の人は、マスクの上からフェイスシールドをつけていて!

さて、イタリアに戻るのにドイツのフランクフルトで乗換えたのですが、マスクなしの人も結構いました!EU圏内に入るため、一旦ここで入国審査を受けるのですが、長蛇の列。後ろにいた男性が係の人に「どのくらいかかるのか?」と聞いていましたが、聞かれた女性は「わからない。あなたはどこの国の人?」と。男性はイギリス人のようで、EU圏外のパスポートの列へ。しばらくすると、「あ~、搭乗開始まであと3分なんだよ~」と悲惨な声が!私は驚いて、「急いで前のほうに行ったほうがいいわよ!」と彼をプッシュしたのでした。あの人、飛行機に無事に乗れたかなぁ~

また、別のコロラド州から来たというアメリカ人夫婦は「日本はまだ開いていないの?私達2度日本に行ったのだけれど。ワクチン接種が進んでいないの?コロナの状況が酷いの?」と。鎖国していると、海外からはそういう風に見えるんだとも思いました。

ということで、無事にイタリアに戻ってきました。考えたらあっという間の一時帰国、なんだか夢のようです。




日本で食べたもの 3

遂に美味しいうなぎを食べました~


また写真は撮っていませんが、居酒屋で酎ハイを飲みながら、居酒屋メニューを楽しみ、また焼き鳥はデパ地下で!


デザートも美味しくいただきました😋

日本で食べたもの 2

まだまだ食べています。


すき焼き~💖




親子丼👍




抹茶ラテ、本場の抹茶は濃いです!




北海道味噌ラーメン😀




生シラス👌




釜揚げしらす丼😋


まだ食べられていないのがある「うなぎ」と「しゃぶしゃぶ」です。





日本で食べたもの

一時帰国前から、あれが食べたいこれが食べたいと思っていました。かなり食べています~


イェイ、日本のお寿司~~~💖




石焼ビビンパ💕




牛タン~💓




醤油ラーメン💖


日本で食べるものは、なんでも美味しい~
そしてヘルシー



長旅






家を出てから、30時間後にようやく宿泊先のホテルに到着しました。
長かった~😰

実は、乗継便がキャンセルになりその時点で4時間待ちになっていましたが、更に
その飛行機が遅れたため。合計6時間待ちに!

まず、ローマの空港ではアプリと書類の確認があり、両方を用意していたため
無事に通過。この時点でホッとしました。

乗継空港では、「乗継の場合、陰性証明の確認があります」とアナウンスがあり
ここも無事に通過。

最後の難関は、羽田空港です。ここは、長い長い長い通路を歩いて、アプリの確認、
唾液の提出、書類、アプリと何回もスマホを見せ、最後は待合ロビーのような
広い部屋で待ちます。番号が電光掲示板に表示されると、窓口に行き、結果を
受け取ります。待合ロビーには、何もないと聞いていましたが、飲み物とお菓子などの
自販機が数台ありました。

その後は、「検疫」と書いた窓口(一人だけ)で、結果を見せ、入国審査、税関を
無事に通過。

スーツケースは、既に並べて置いてあり、税関で書類を渡し、おぉこれで終わりかと。
時間を確認したら、約2時間かかっていました。今書いていても、疲れが出ます🥲


こんな複雑な仕組み、良くも悪くも組織化されていて、他国ではできない
だろうと思います。