FC2ブログ

絶望の国の幸福な若者たち



この本の著者である

古市憲寿さんは、少し前から

テレビのコメンテーターで

時々お見掛けしてまして

主に「ワイドナショー」のときですが

「社会学者」という肩書のため

一体何のお仕事をされているのかな?

と不思議に思っていました


最近、YouTubeで

アメーバTVの「橋元徹の即リプ」という

番組を見て、話が面白かったこともあり

(この番組は、面白いゲストがたくさん

出ていて、普通のテレビ番組より

面白いですヽ(´∀`)ノ)





そして、読んでみたのがこの本です


絶望の国の幸福な若者たち (講談社+α文庫)



結構なページ数ですが、

読みやすい本でした


最初のほうは、読んでいても

世代の違いかピンとこなかったのですが

最後のほうでこの方の言いたいことが

わかったような気がします











アマルフィ

世界一の美しい海岸線と言われている

「アマルフィ」に行ってきました

ユネスコ世界遺産に登録されていて

時々日本のテレビや映画に登場します

IMG_9818.jpg

やはり、美しい(*゚Q゚*)

すっかり見とれてしまいました


しかも10月下旬というのに

半袖でOK

観光シーズンも終わっていますが

未だに多くの観光客で賑わっていました


IMG_9827.jpg

急な場所に家が建っているためか

ラバを使って、ものを運んで

こんなところで、こんな風景に出会うとはw(゚o゚)w


IMG_9833.jpg

やっぱり、イタリアには教会が多い

ここも大きくて立派な教会がありました


IMG_9843.jpg   IMG_9837.jpg

反対側から見る風景はこんな風で

少し雲がかかっていたのが残念

思い出に残るショートトリップでした











大家さんと僕 

本当に久しぶりに読書をする気になって

いろいろと検索をしていたのですが

ふと目にとまったのが


大家さんと僕



お笑い芸人の矢部さんの作品です

実は少し前に、ネットニュースで

「大家さんが亡くなったので、しばらく連載を中止する」

ような記事を読んだ記憶があり、

どんな本なのかな?と興味をもちました


これは、実は漫画だったんですよね

とっても、シンプルな絵で、80歳を過ぎた大家さんと

矢部さんの交流が書かれた本です


新宿の一軒家で1人暮らしをしている大家さん、

挨拶は「ごきげんよう」、お買い物や食事は

新宿伊勢丹という、とても上品なおばあさま


その2階に住むことになった矢部さん


最初は少し戸惑っていた矢部さんも次第に

大家さんに慣れて、一泊旅行を一緒にするまでに


読み終わった後もほのぼのとした気分で

とても良い作品でした







コインが大変


いきなりですが、
このコインのかたまり
実は3種類が混ざってます
円とドル、それにユーロ
イタリアに引越ししてから
財布の中が大変です
普通の生活ではユーロ
ベースの中はドルのため
どうしても2種類は必要

上の列はドル、
左から1、5、10、25セント
下の列はユーロ
左から1、2、10、20、50セント、€1、€2
ユーロは、それぞれに数字が
書いてあるので簡単です😊
チップを払ったりするので、
いくらかは常にユーロのコインが必要です
今回は「円」だけ別に
することにします!
コイン入れも必要かも🤫

イタリアのスーパー

イタリアのスーパーのサイズは
場所によって違うかもしれないのですが
ほぼ、日本と同じくらいのサイズです
アメリカサイズから比べると
小さめで、肉なども薄切りのような
ものが多いです
決定的に違うのは、生パスタ売り場が
充実していること


いろいろな形のパスタやニョッキが
売っています
私の居るエリアでは、魚類は
魚屋さんでしか売ってないようです
生ハム類も

そして寿司発見🍣

先日レストランでイカ焼き食べました

イカやタコが食べられるのが
うれしいです😆

イタリアの電車

イタリアの普通電車には
車内カメラが付いています

ドアの左側にモニターがあり
時々、ここに車内の様子が
映ります
また、ドアは全自動ではなく
乗り降りする人が開けて
自動で閉まります

緑のボタンでドアが開きます
座席周り


これは新しい車両なので
2階建てになっていて
きれいです
この間、ホテルの受付の人に
「日本人は電車で10分くらい
寝て、リフレッシュするんでしょ?」
と言われ、「バスや電車で寝ることが多い」
と答えたら、彼女が「羨ましいな、
イタリアでは、危なくて寝てられないの」
と言ってました
電車でスリなどが多いためとか
乗り物にはリラックスして
乗りたいですよね

ローマの休日 2

前回の続きですが、映画「ローマの休日」での

オードリーヘップバーンとグレゴリーペックの

デートで有名になった場所です


「真実の口

実は以前に一度行ったことがあり、

その時にあまりの小ささにビックリしたのですが

映画の影響か大人気のようで、長蛇の列でした

前回は5-6人ほどだったので、さほど待たずに

記念撮影できたのですが、今回は30人ほど(*゚Q゚*)


主人に記念撮影したいか聞いたところ、あっさり

必要なしとのことだったので、

外側からパチリヽ(´∀`)ノ

IMG_9707_convert_20181015185711.jpg


そして、隣接してある教会へ

この協会も相当古いようでした

私はクリスチャンではないのですが

やはり教会の中は撮影しずらいです


そして、教会には地下があり、少額の寄付で

入ることができます

当時は食糧庫だったようで

IMG_9711_convert_20181015185805.jpg


奥には祭壇がありました

IMG_9709_convert_20181015185744.jpg


外の行列に比べると、中は全く混んでなく

数人の人が、のんびりと座っていたり


イタリアはローマに限らず、いたるところに

教会があり、夜遅くにミサをやっていたり

仕事帰りの感じの人が、ふらっと立ち寄って

何かお祈りをして、さっと帰るということもあります


その日一日無事を感謝しているのか、もしくは

家族の幸せを祈っているのか


日本もたくさん神社やお寺がありますよね



海外で時々、日本の宗教について聞かれ

「ほとんどの人が仏教だ」というと「なるほど~」

感心され、「ただ、あまり強い宗教心を持っていない」

と言うとビックリされます


ヨーロッパは宗教で戦争したりしていたので

宗教に対する考え方が違うのかもしれないですね

ローマの休日

先週末は、お天気はあまり良くなかったのですが

思い切って、ローマまで行ってみました



まだ車が輸送中のため、バスや電車といった

交通機関を使っての移動です



当社は「バチカン市国」や「コロシアム」などを

計画していたのですが、いろいろ調べたところ

オンラインで事前チケットを取ったほうがいいとか

週末は非常に混んでいるという情報を見て

そのあたりは後日ということになりました


まずは定番

スペイン広場

IMG_1712_convert_20181010233425.jpg


天気が良い時には、このあたりで

ジェラートを食べてみたいところですが

(※最近は飲食禁止になっているようです)

雨だったので、記念撮影をして教会へ


通りには噴水もあります

IMG_1715_convert_20181010231751.jpg


教会内はさすがに撮影を控えましたが

とても広く大きな教会でした


階段踊り場から見た風景

IMG_1717_convert_20181010232122.jpg


この日は、結婚式の写真を撮っていた

カップルもいました


教会入口から見た風景

IMG_1723_convert_20181010231923.jpg


アチラコチラに教会があり、たまたま入った教会では

神父さんがミサを行っていたり

修道女の方が、クッキーやアクセサリーを

販売していたり


私もクッキーを買ったのですが

優しい味で、とても食べやすかったです


「紙のご加護を」なんて言われて、とても

うれしかったです








毎日あっという間に過ぎて・・・

なんだか慌ただしく毎日が過ぎてしまって

朝起きて、ご飯を食べて、なんだかんだしているうちに

お昼になり、

最近はホテルの部屋で食べることが多いのですが


そうこうしている間に夕方になってしまいます(*゚Q゚*)


さて、先日バスでワイナリーに行ったことを書いたのですが

実は途中で、休憩所に止まりました


アメリカの休憩所はトイレと自動販売機、そして

犬用のリラックスプレイスがほとんどですが

イタリアの休憩所には、カフェがあり

お菓子やワインなども販売してました


IMG_1587_convert_20181008034933.jpg   IMG_1585_convert_20181008034434.jpg

やっぱり、なんとなくオシャレ~


日本でも「道の駅」なども、いろんな地元の

商品を販売したり、食べたりできるので

それもとっても楽しいですよね♪










ワイナリーツアー

週末に古くからあるワイナリーに行ってきました

ナポリ郊外にあり、バスに揺られて2時間ちょっと

とても歴史のあるワイナリーのようで、現オーナーが

80歳を超えていますが、彼のお父さんは既に

ワイナリーを作っていたそう

IMG_1594_convert_20181002220719.jpg

建物も歴史を感じさせてくれます


ゴロゴロと置かれたワインの樽

IMG_1608_convert_20181002221327.jpg

最近はコンクリートの樽を使うところも

増えてきているようですが、やっぱり

木の樽のほうが、香りなどちがうそうです


年代ごとにワインボトルが積まれていて

IMG_1597_convert_20181002221651.jpg

昔使っていた古い道具も展示されていて

ちょっとした博物館のようで


これはコルク栓をするときの道具のようでした

IMG_1633_convert_20181002222007.jpg

これは、樽を量る道具???

IMG_1614_convert_20181002221921.jpg


イタリアのワインの歴史も古いですが

日本の日本酒も歴史がありますよねヽ(´∀`)ノ

海外でも「SAKE」は、人気で私も何回か日本酒が好き

という人に会いました


日本酒も酒造所もツアーあるのでしょうか?

それも面白そうですよね(´∀`*)



ちょっとブログの更新が遅れましたが、現在

家探しの真っ最中


アメリカの家とはまた違うので、いろいろと

驚くことがあります