FC2ブログ
Welcome to my blog

羊と鋼の森  (森下奈都 著)

Rose



この作品は2015年本屋大賞他いくつかの

有名な賞を受賞されているそうです

今年は、映画化されたようですが

これは、今グーグルを検索して知りました


以前に「蜜蜂と遠雷」の読後感想を書いたのですが → 

同じようなピアニストの話なのかな?と思って

読みはじめたところ、ピアノの音を調律する

「調律師」についての本でした


Capture_20181107182707995.png


外山君という北海道の森の中で育った青年

高校に行くために山を下り、高校生活も

終わりのころに、偶然出会った調律師の

仕事を見て、自分も調律師になろうと決意し

その後の数年間を描いたストーリーです

「羊と鋼」というのは、グランドピアノの中を

形容していて、「羊の毛で作られたハンマーが

鋼の弦をたたいて音を出す」、つまり

ピアノの中は、森と同じ状況なのだという

意味でした


森下さんの著書は初めて読んだのですが

最初は、非常に読みにくかったです

(私の個人的な意見です!)

なんだか、ちょっとまわりくどいなーと思ったり

文章がすんなりと入ってこないなと

思いながら読み進みましたが、

後半は、だんだんと面白くなり、スピードアップして

いきました


最近は、新しい作家の本を読んで、面白い!

とかぐんぐん引き込まれるっていう感じが

なんだか少ないですね


世代間の違い?日本語も世代によって、

使い方や言い回しが随分と変わってきているので、

新しい作家さんの本はなかなか難しいのでしょうか?

もしくは感性の違い?



そういえば、ここイタリアでは「吉本ばなな」さんが

人気のようで、この間もイタリア語の翻訳本を

見かけました(*^_^*)


さて、次は何を読もうかなーって思う時も

楽しいですね\(^o^)/


Posted byRose

Comments 4

There are no comments yet.
sara2sara22  

Roseさん、こんにちは。

この本も、「蜜蜂と遠雷」も話題になりましたね。
「羊と鋼の森」は、映画にもなりましたね。

私は2冊ともまだ読んでいませんが、読みにくかったりするとなかなか読み進むのが難しいです。

でも、読書の秋、ステキな本を読みたいですね。

2018/11/09 (Fri) 08:34 | EDIT | REPLY |   
Yuko  
No title

Roseさんのおススメ本「蜜蜂と遠雷」「羊と鋼の森」
読んでみたくなりました!!
ずっと、読書していなかったのですが
この夏、息子の読書感想文で購入した本を読んで
読書っていいな~と、思いました。
吉本ばななさん、私もずいぶん前に読んだことがあります(*^^*)

素敵な本に出合えると、いいですね!!

2018/11/11 (Sun) 13:52 | EDIT | REPLY |   
Rose  
Re: 羊と鋼の森  (森下奈都 著)

Saraさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
返信が遅くなってすみません。

作家さんごとに文体が違うので
そういうのを楽しめるようになると
読書をもっと楽しめるように
なると思うのですが。

2018/11/11 (Sun) 22:10 | EDIT | REPLY |   
Rose  
Re: 羊と鋼の森  (森下奈都 著)

Yukoさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
返信が遅くなってしまって、すみません。

読書も自分の興味のある本やぐいぐい
引き込まれる本に出会うと楽しいですよね。
「読書の秋」ぜひ楽しんでください!

2018/11/11 (Sun) 22:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply